2013年5月29日水曜日

2200年前の夾紵(乾漆)、天理参考館 「古代東アジアの漆芸」



月曜日にちょっと遠出をして、天理にある天理参考館の企画展「古代東アジアの漆芸」を見に行ってきました。

天理市はちょっとした独立国家の雰囲気漂う「天理教」の街ですが、10年ほど前に博物館実習で1週間ほどこの町に滞在していたことがあり、独特の雰囲気もなんだか懐かしい感じでした。

実習も、ちょうどこの天理大学付属天理参考館で受講していたので、地図なしでも行けるだろうとタカをくくって駅からテクテク歩いて行ったところ・・・・おもいっきり迷子になりました(; ̄Д ̄)

・・・だって、おんなじような意匠の建物ばっかりなんだもん(ノд・。)

汗だくになりながら坂の街を1時間も彷徨いましたが、途中地元の方に道を教えていただいて無事、ギャラリートーク(展示解説)の時間に滑り込みセーフっ(;´Д`A ```

完全にあさっての方向に歩いていたようで、10年前の記憶なんていい加減なもんです(笑)

ギャラリートークでお話ししてくださったのは、参考館学芸員の山内先生。
約2時間の展示解説でしたが、今まで馴染のなかった古代中国の漆工品を中心にとっても勉強になりました(o^∇^o)ノ

中でも驚いたのが、
こちらの「夾紵の耳杯と盤、奩のセット」というやつ。


なんとコレ、
中国の戦国時代(紀元前403~221年)の夾紵(日本で言う乾漆)の食器セットなのです。

乾漆は、何かしらの原型に麻布をうるしを使って貼り合わせて固め、のちに型から外して作る「うるしの張子」のようなものです。

夾紵はそのご先祖様のようなもので、貼り合わせる布は麻ではなく、「紵」の字のごとく「紵:カラムシ」というイラクサ科の植物の繊維から作った布を貼り合わせたものなのだそうです。

で、この食器セット。

2千年も前に作られたとは思えないほど、ピリっとした造形でビックリしましたΣ(°д°;;)

残念なことに表面の塗装は後年になって塗り直されているようですが、その造形は現代日本の伝統工芸展の作品を凌駕しています。

繰り返しちゃいますが、2千年も前のもんですよ~((((;゜Д゜)))

これは一見の価値アリです☆




あと、日本の資料で気になったのが、奈良で発掘されたという漆器片。

古墳時代の物だというそれは、ちょうど日本人が朱漆を使わなくなった「黒の時代」のもので、黒漆の地に朱色の線描きがある資料。

その朱色はやはり朱漆ではなく、朱の顔料と膠などの樹脂成分を混ぜた「弥陀絵」のような材料で描かれているとのことでした。


朱漆を使ってきた歴史もある、つくる技術もある、朱の顔料もある、漆もある。

なのに、漆は黒色しか使わず、朱の模様は朱漆ではなく「弥陀絵」でつける。


「なぜ、日本人は朱漆を使わなくなったのか?」


現物をはじめて見て、この不思議が一層モヤモヤと湧いてきました~(※・Å・※)


古代人の魂と会話できる方、情報求むっ(≧ω≦)b




この展示は、6月3日(月)までの開催で~す。
ちょっと交通の便が悪いですが、今を逃すと2千年前の夾紵はまた収蔵庫に眠ってしまうそうなので、この機会にぜひご覧ください☆

天理参考館 http://www.sankokan.jp/




あと、ちょっと面白かった余談。。
(マニアックなので、わかる人だけ)

近年話題だった

「日本に現存する最古の蒔絵資料(金銀鈿荘唐大刀の鞘上末金鏤作)はどうやら中国製のようだ」

という話に付随して語られる

「1942年に日本の統治下で行われた現在の北朝鮮平壌市郊外の楽浪遺跡発掘作業では、古代中国(紀元前1世紀~3世紀)で製作されと考えられる蒔絵の遺物が発掘され平壌の博物館に収蔵された。」

という金銀鈿荘唐大刀よりも圧倒的に古そうな蒔絵資料、これは現在も平壌博物館に存在するそうです。

しかもその平壌博物館、
裏ルートで、博物館に「うちの収蔵品買いませんか?」という営業をかけてくるそうです(笑)

もちろん、違法行為になっちゃいますので丁重にお断りされているそうですが・・・、情勢がそれを許すようになれば、楽浪の蒔絵遺物をぜひ日本の博物館にゲットしてもらって研究してほしいところです☆

2013年5月14日火曜日

松田権六 漆芸十話

全然、それとは別の古本を買ったら、ついてきました☆
本屋さんから本と一緒に送られてきた、およそ半世紀前の赤茶けた新聞の切り抜き。

開いてみてみると、なんと松田権六さんの連載コラム。

「漆芸十話」連載全10回と、「中国の漆と私」上・下回というもの。
買った本の前のオーナーからの思わぬプレゼントです(≧ω≦)b

なんせ切り抜きなので詳しい連載期間は判りませんでしたが、昭和41年の毎日新聞大阪版の模様・・・。
全国版でも掲載されていたのかは不明です。

縁あってか、我が家に届いたうれしいオマケです(●´ω`●)v



経年相応に赤茶けてパリパリになり、折り目もついていたので、スチームアイロンかけてみましたっ。
るんるんっ♪ (〃 ̄ω ̄〃b▲

・・普段はカッターシャツもろくにアイロンがけしないくせにね(笑)

で、保存処理完了っと(o^∇^o)ノ


なんだかんだで、一日仕事になってしまいました・・・(;´▽`A``


この連載、内容にもちょっとビックリ。。

「椀」について熱く語る松田権六さん、いわゆる「布着せ本堅地椀」を全否定っ(°Д°)

なんせ、「安かろう悪かろう」とバッサリ断じちゃってます。

著書「うるしの話」で、檜でお椀を作る話が出てきますが、そこに至る椀に対する考え方が解って、話がつながりました☆

半世紀近くたった今のお値段感覚で「安かろう」というのは兎も角、「悪かろう」には概ねで同意できました。

「一般大衆が漆器から離れたのは、布着せや、地の粉や砥粉の下地が原因」という見解は行きすぎなような気もしますが、「本堅地工程」が椀の製法に適していないという点は、「その通りかな」と思います。

と、言いつつ、私もこれまでに何個も本堅地椀つくってきましたけれど・・・。

スンマセン。

2013年5月13日月曜日

福田敏雄・長谷川奈津 二人展


輪島の福田さんから、ご案内いただきました☆


岡山の工房Ikukoさんでの展示会。


「福田敏雄(漆)・長谷川奈津(陶) 二人展」


2013年
5月18日(土)~5月26日(日) <20日(月)休>
AM10:00~PM6:00 (最終日はPM5:00まで)


〒710-0046
岡山県倉敷市中央1-12-9
http://www.koubou-ikuko.com/

2013年5月8日水曜日

昭和レトロなハンドメイド・カーニバル♪

ゴールデンウィークのイベント

「ハンドメイド・カーニバルin梅田スカイビル」に出展してきました☆


スカイビルは今回で2回目でしたが、会場をうろついたことがあまりなかったので、ちょっと散策もしました。


ビルの中庭(?)には、人工的に川も流れる森が広がっていま~す(o^∇^o)ノ
にゃんこもウロウロしていました☆

で、この川におりて遊んでいると・・・。


かごに入れて冷やされているキャベツを発見っΣ(°д°;;)

実はこれ、地下の食堂街にある串カツ屋さんで使ってるやつでした(笑)
両手にキャベツを抱えたお店の人がときどき往復していました☆
そんだけ川の水がキレイなんでしょう(≧ω≦)b



会場は、その地下食堂街のフロア!
今回はアクセサリー関係の方が多く、いつも木工&陶器を買いあさる身としてはちょっと寂しめでした・・(〃・ω・)

と、いいつつ着物地のストラップと木工さんの棚をゲット\(o⌒∇⌒o)/


「昭和レトロ」がテーマの場所で、いい雰囲気の建物(っていうかテナント?)となぜか「麦と兵隊」や「月月火水木金金」などの戦時唱歌もまざった昭和BGM、そして飲食店のいい匂いが漂った空間です。


昭和の神アイテム、ミゼット後期型も展示してあります(●´ω`●)v

やばい、カワイイ☆
これ、絶対今の技術でリメイクしたら売れると思う!
この小ささとかわゆさは素敵すぎるっ(=´Д`=)/

ミゼットⅡは4輪でしたが、是非3輪でリメイクをお願いします☆
あと荷台の長さを半分に詰めて、ドイツのsmartみたいに駐車場に横向けに停めれるようにして欲しい~(o^-^o)


で、ウチのブースはこちらの交番になりました☆

漆器を買わない人はしょっ引きます(笑)

ちなみに、この交番の中には「となりのトトロ」にでてきたような昔の電話がありました。



お昼はここ、カツ丼専門店の「喝鈍」さんで、カツ丼食べました☆

できれば、交番の机にもって帰って電気スタンドの光を押し当てられながら食べたかったですが・・。


ってなわけで、ちょっと昭和なゴールデンウィークでした(o^∇^o)ノ


ちなみに、この食堂街には行列のできるお好み焼き屋さんと、串カツ屋さんがあって連休中は大混雑!!

平日のすいてる時にチャレンジしてみたいっす。