2015年7月15日水曜日

漆材料技術研究会のお知らせ

今年、漆に関わる人たちで、漆工の材料・道具・技報について勉強会を立ち上げることになりました☆

色んな材料や道具、手法について実際に触って実験して、もり上がっていきたいです(o^∇^o)ノ

ついては、第2回のご案内です!!
興味を持たれた方は、是非ご参加ください☆


漆材料技術研究会


日時:平成27年9月30日(水)13:30~17:00
会場:京都府立大学内 稲盛記念会館
京都府京都市左京区下鴨半木町1−5
(京都市営地下鉄烏丸線 北山駅下車 徒歩10分、
 京都市営バス 4番 上賀茂神社行き 北園町バス停から 徒歩5分)
http://www.kpu.ac.jp/contents_detail.php?co=kak&frmId=28


定員:16名
参加費:500円(資料代)

お問い合わせ、参加申込は urushigiken@gmail.com までお願いします。
参加者多数の場合は、ご希望に添えないことがあります。
予めご了承ください。


【内容】

テーマ1「漆の育て方・掻き方・道具の産地別比較その2」


・第一回の研究会で発表された丹波漆での育苗・漆掻きのスケジュール表等の資料をもとに、
各種文献情報から他の漆産地と比較を行う。


テーマ2「豚血下地の材料と配合比の検討」


・丹波の猪の血を使った「猪血下地」の漆器の製作を目標に、沖縄で行われていた豚血下地について、前回収集した文献資料の、それぞれ少しずつ異なる配合表を元に、再現実験で実施する配合比率のパターンおよび、沖縄で豚血下地に使われている「ニービ」土や「クチャ」土に替わる、我々の地元で調達可能な下地粉素材を検討する。

※ 豚血下地に使われる、クチャ、ニービ粉、桐油、鉛丹等の材料(「血液」以外)を当日お見せします。